シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)

接骨院に来院するランナーに多い怪我

シンスプリントの原因

シンスプリントのイメージ

すねの裏側にある筋膜や軟部組織の炎症で、後脛骨筋の擦れが原因。悪化すると骨膜炎を起こす。
また、扁平足やオーバープロネーションに起こりやすい。

シンスプリントの症状

主にすねの内側に発症する運動時の痛み。
特に走り始めが痛い。

シンスプリントの治療・治し方

急性期はランニングを中止し、局所安静を図る。
局所の抗炎症療法、インソール、ランニング量のコントロール、芝や土などの弾力のある走路を選ぶ。
練習後のアイシング。下腿の筋力強化。また、保存療法として、マッサージ、電気・温熱療法がある。

シンスプリントの注意点

放っておくと疲労骨折に移行することがある。

※症状には個人差があります。個人での判断は怪我を悪化させる原因にも繋がる可能性があります。
 ランニング障害に強い整形外科や接骨院の受診をオススメします。

その他 市民ランナーに多いランニング障害

腸脛靭帯炎(ランナー膝)

シンスプリント(脛骨疲労性骨膜炎)

足底筋膜炎・足底腱膜炎

坐骨神経痛

膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)

アキレス腱周囲炎

鵞足炎(がそくえん)

肉離れ・肉離れ後遺症