腸脛靭帯炎

接骨院に来院するランナーに多い怪我

腸脛靭帯炎の原因

腸脛靭帯炎

太ももの外側の靭帯(腸脛靭帯)と骨が屈伸運動に際して擦れ合い摩擦を引き起こすもの

腸脛靭帯の症状

走る距離の増加と共に出現する痛み。膝屈伸時に膝外側に刺すような鋭い痛み

腸脛靭帯炎の治療・治し方

急性期はランニングを中止し、局所安静を図る。
慢性期に入ったら、ランニングを開始。
ストライド走法を避け、ピッチ走法とする。
坂道や路肩の斜度のある面を避け、芝や土などの弾力のある走路を選ぶ。
練習後のアイシング。殿部~太ももの外側にかけてのストレッチやマッサージで局所の筋緊張を取る。
走行時、軸のブレを防ぐ為、体幹強化も有効。また、明らかなO脚がある場合はインソールの装着を考える必要もある。

※症状には個人差があります。個人での判断は怪我を悪化させる原因にも繋がる可能性があります。
 ランニング障害に強い整形外科や接骨院の受診をオススメします。

その他 市民ランナーに多いランニング障害

腸脛靭帯炎(ランナー膝)

シンスプリント(脛骨疲労性骨膜炎)

足底筋膜炎・足底腱膜炎

坐骨神経痛

膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)

アキレス腱周囲炎

鵞足炎(がそくえん)

肉離れ・肉離れ後遺症